Tシャツ|フルカラーインクジェットプリント

フルカラーインクジェットプリントについて

フルカラーインクジェットプリントについて

製版代が不要で、色数は無限!写真のプリントも可能です

Tシャツに直接インクを吹きかけてプリントする方法(インクジェットプリント)です。

製版代が不要のため、1枚からでも格安で制作でき、さらに色数を気にすることなくフルカラーでデザインを表現できます。

Tシャツ|フルカラープリント

プリント可能な素材

プリントする素材は、基本的に綿100%のものが推奨です。
ポロシャツなど、綿/ポリエステル混紡の素材へもプリントできますが、綿の混紡率が最低50%以上のものが対象となります。

ドライTシャツなどのポリエステルや、ナイロン製品へはプリントできません。
ポリエステルへのプリントをご希望の方は、カッティングシートプリントをご覧ください。

プリントの特性

基本的な原理としては、家庭用インクジェットプリンターと同じです。
CMYK基本4色+白インクを搭載した、メーカー現行最新機器(2016年5月時点)を使用しています。

プリント版が不要で、デザインに何色使ってもお値段が変わりません。

※金銀・蛍光色などの特色はプリントできません。
特色プリントをご希望の方は、カッティングシートプリントをご覧ください。

プリント精度

写真やグラデーションなどの濃淡表現はもちろん、微妙なかすれ感、小さな文字、細い線など、かなり細かなデザインでもプリントが可能です。

Tシャツ|フルカラープリント

安心の品質

プリントインクはメーカー純正品を使用しています。
ホルムアルデヒド等の人体に有害な物質を含まず、繊維製品の国際的安全規格である「エコテックス規格100」の中で、最も厳しい基準である製品分類Ⅰを取得しています。

赤ちゃんが触れる繊維製品に印刷したものでも、安全であることを保障しており、安心してお使い頂く事が出来ます。

エコテックス規格100

洗濯への耐久性

当店で使用しているプリンターインクは、洗濯堅牢度テスト4-5級以上(5級が最高値)を取得している製品ですので、洗濯後に極端な色落ちは起こりません。
ただ、擦過による摩耗はこの限りではないため、手洗いになどによる過度な「こすり洗い」はお避けください。

洗濯堅牢度

プリントボディ色による工程の違い

仕上がり・価格面においてもっとも理想の素材は、綿100%素材白色ボディです。
有色ボディについてはプリント工程が異なるため、価格・仕上がりの面で違いが生じます。

白色/有色ボディ双方の差を簡単に要約すると、生地に対して白インクのプリントあり/なしです。
詳細は、下記をご確認ください。

白インクあり/なしの違い

白インクなし – 白色Tシャツ

Tシャツの色が白の場合は、そのままプリント加工ができるため、価格も安くなります。

下記画像は、プリント仕上がり後に、ごく一般的な家庭用洗濯機で3回洗濯した後のものです。

Tシャツ|フルカラープリント

Tシャツ|フルカラープリント

白インクあり – 濃色Tシャツ

色付きのTシャツの場合はそのままプリントを行うと、生地の色目にインクが負けてしまいます。
そのため一度ベースとなる白インクを引き、印刷面を白にした上で、カラーインクをプリントする必要があります。

ただ、白インクはそのままでは生地に定着しないため、あらかじめ前処理剤を塗布する必要があるため、プリント価格が異なります。

前処理剤はいわば洗濯糊のようなもので、こちらも乳幼児が触れても害の無い製品を使用しています。

ただし、前処理剤は生地の色によってシミのような跡が残るケースがあります。
この跡は洗濯することで解消されますが、生地の色味によっては多少残る場合もあります。
(特に鮮やかな色味のボディにはシミが残る場合があります)

Tシャツ|フルカラープリント

白インクなし – 淡色Tシャツ

淡い色のTシャツに関して、多少のデザイン変色が気にならない方は、白インクなしでも対応は可能です。
インクは水性顔料インクですので、古着のようなヴィンテージ感のあるデザインの場合は、あるいはひとつの風合いになるかもしれません。

ただ、ボディ生地色とプリント色の組み合わせによっても仕上がりが変わってきます。
量産の際などはサンプルを作成されることをおすすめします。

イラストレーターやフォトショップをお持ちの方でしたら、データ作成の際にキャンバスの色をボディの色にして、その上にデザインを配置し、デザインを「乗算効果」+「透明50〜60%」にした結果が、実際の仕上がりに近くなります。
ただ、こちらもあくまでデータ上での目安となるため、必ずこの結果となるわけではありません。

Tシャツ|フルカラープリント
※ボディ色:アッシュの場合

Tシャツ|フルカラープリント
※ボディ色:ライトブルーの場合

白インクなし – 濃色Tシャツ – プリント色が黒

黒はすべてに勝つ色ですので、濃色ボディにプリントしても生地の色味の影響を受けません。
デザインが黒一色、もしくは黒に近いグレー(K90%程度)の場合は、白インクなしでもプリントが可能です。

白インクのみ – 濃色Tシャツ

白インクのみのプリントももちろん可能です。
ただ、完全なベタ塗りにはならず、多少ですが生地の色が出ます。
プリント価格は、濃色Tシャツ用(白プリントあり)の価格となります。

Tシャツ|フルカラープリント

Tシャツ|フルカラープリント

プリントサイズについて

インクジェットプリントで1度に行える最大のプリントサイズは、W:320mm x H:400mmまで(縦横の入れ替えは不可)となります。
ただし、下記は例外となります。

ポロシャツの胸プリント 最大 W:95mm x H:95mmまで
ボディサイズ
100cm〜130cm
最大 W:250mm x H:300mmまで
ボディサイズ
90cm
最大 W:170mm x H:195mmまで
袖プリント(半袖) 最大 W:95mm x H:95mmまで
袖プリント(長袖) 最大長:400mmまで

プリント料金と割引率

1枚あたりのプリント料金を記載しています。
なお、3枚の製作からお得なプリント割引が適用されます。

プリント料金
110x110mm 200x300mm 300x400mm
¥800 ¥1,000 ¥1,200
プリント料金割引率
枚数 3〜9 10〜29 30〜49 50〜69 70〜
割引率 25% 50% 60% 70% 別途見積
プリント料金
110x110mm 200x300mm 300x400mm
¥800 ¥1,200 ¥1,800
プリント料金割引率
枚数 3〜9 10〜29 30〜49 50〜69 70〜
割引率 25% 30% 35% 40% 別途見積

プリント料金の割引について

枚数によるプリント価格の割引は同一のデザイン・プリント色であることが前提となります。

1枚ごとにデザイン・プリント色が変わる場合は、それぞれの総数が割引対象となります。
(例:総数30枚製作時/プリント色3種類 x各10枚 → 10枚の価格 x3)

入稿データ要件

データの種類

データは基本的に、Adobe® イラストレーター・フォトショップにて作成された、ai・psd形式のいずれかと致します。
jpg・png等の画像データのままプリントも可能ですが、解像度が低い場合は画質が悪くなります。
当店にてデータ作成・補正が必要なお客様は、デザインについてのページをご確認ください。

画像解像度

解像度の推奨は350dpiですが、72dpiの画像でもある程度はきれいに印刷できます。
※再保存による劣化や、引き伸ばしによる書き出し等の改変を行っている場合を除きます。

文字のアウトライン化

デザイン中の文字はすべてアウトライン化してご入稿ください。

デザインの大きさ

データは、実際にプリントするサイズ原寸での作成をお願い致します。

データのバージョン

当店で対応可能なデータのバージョンは、CS5までとなります。
それ以上のバージョンをご利用の方は、恐れ入りますがバージョンを落とした上でのご入稿をお願い致します。

テンプレート

デザインの配置について、下記リンクよりテンプレートをダウンロードの上、データ作成して戴いたものを入稿データと致します。

テンプレートのダウンロードはこちら

著作権・肖像権を伴うデザインに関して

当店では特定の企業ロゴ・著名人・キャラクター等、著作権・肖像権侵害に抵触する可能性のあるデザインのプリントは、対応を一律お断りさせて戴いております。

なお、プリントするデザインについて、著作権・肖像権等のライセンス規約がある場合、お客様にて使用許諾を得られていることを前提とし、万が一のトラブルの際、当店は一切関与しないものと致します。

最終更新日

2016 Copyright オリジナルTシャツの作成 - 神戸Tシャツ製作所