Tシャツ|フルカラーインクジェットプリント

作成したデータを古いバージョンで読み込めるようにする

version-down

今回は、イラストレーターで保存したデータのバージョンについての解説となります。

イラストレーターで作成したデータは、(基本的には)そのバージョン以下の環境では、ファイルを正しく開くことができません

例)イラストレーター10で作成したデータは、イラストレーター9では開けません。

 

自分で作ったデザインを、手元の環境で利用する分には、このバージョンを意識する必要は特にありません。

ただ、外部のパソコンで開く際や、業者などにデータを渡す際には、バージョンを変更しなければならない場面も出てきます。

具体的には、相手がこちらの環境より古いソフトを使用している場合、相手側で読み込みができるよう、データのバージョンダウンを行う必要があります

 

外部の環境でデータを扱う際に、意外と忘れてしまいがちなこのステップです。
それでは、方法の解説に移りましょう。

 

データを作成し、保存する

まずは普通通りにデータを作成していきます。
そして、保存を行う際にバージョンを指定します。

既に作成が完了しているデータでも、「別名で保存」にて上書きしても問題はありません。

version-down1

 

必要に応じてデータのバージョンダウンを行う

上記で保存すると、利用環境によって表示に多少の差はありますが、下記のようなダイアログが出現します。

version-down2

 

ここで目的に見合ったバージョンを選択すれば、それに応じた形式にてデータが保存されます。

以上です。
なんてことはない操作ですね。

 

ちなみに、当店ではイラストレーターCS5を使用していますので、CS6のデータは開くことができません。
(*開くことはできますが、正しく表示されているか確信が持てません)

オリジナルTシャツを製作する場面以外でも、名刺やポスターなどのデータを入稿する際には必ず確認が必要な項目です。
それぞれの業者さんで、どのバージョンまで対応しているかを確認するようにしましょう。

 

この他に、外部にデータを渡す際、意外と忘れがちなステップとしては下記が挙げられます。
併せてのご確認をおすすめします。

イラストレーター講座メニュー

2016 Copyright オリジナルTシャツの作成 - 神戸Tシャツ製作所